05:ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」【UIデザイン】

使いやすく・わかりやすいWEBサイトを設計するためのユーザー視点の考え方と戦略を例にノウハウを初公開、勝てる提案書作成法も解説します!
知ってると知らないでは、制作するサイトのUI性能に大きな差を産む「UIデザインの設計ノウハウ」を本気で学んでみませんか?

第5部
ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」
Webデザインのリニューアルや新規の提案の際は、議論の中心は常にデザイン表現になりますが、今の時代、デザインの善し悪しももちろん大切ですが、「使いやすさ」や「わかりやすさ」と合わせてサイトの「利用価値」が大変重要になって来ています。
そんな中、サイトの制作費の関係で、どうしても表面的な改訂になってしまう実情も否めず、いかにクライアントに情報設計の重要性を説明でき、また理解してもらうかが費用をアップさせるためにも重要な課題と言えるでしょう。
成果や効果がないから費用が出ないという悪循環を脱却するためには、「成果の出るWEBサイト」を提案することに尽きるわけで、そのためのノウハウを勉強してみませんか?
講義内容

▼UIデザインの基礎知識編

【1】WEBサイトの歴史と、今後のWEBサイトのトレンドと方向性
【2】市場構造の移り変わりに対応して変化してきた消費行動モデル
【3】ユーザーの消費行動に対するサイトの役割を見据える

▼情報設計に絶対必要な着眼点

【4】サイトの課題をあぶり出す着眼点
【5】WEB戦略に基づくターゲットユーザーとそのユーザーニーズ
【6】企業のブランディングとWEBサイトの役割

▼サイト構造設計 基本編

【7】ユーザーのサイト内行動とビジネスゴールを洗い直す
【8】決裁者はだれかを考えたBtoBサイトの着目ポイント

▼サイト構造設計 分析編

【9】競合分析による業界のトレンド(役割)を洗い出す
【10】重箱の隅をつつくような分析にしないためのポイント
【11】continue式ヒューリスティック分析レーダーチャート

▼サイト構造設計 情報デザイン編

【12】オリエンの内容を疑え!本質を見極める提案ポイント
【13】情報の要。ユーザー心理と対話するサイトナビゲーション
【14】情報の多様性とターゲットのバリエーションに密接に関わる検索性能
【15】出口戦略に沿ったコンテンツ構成と問い合わせフォーム
【16】ビジネスコンバージョンを上げるためのWEBフォームの設計
【17】サイト構造図(サイト内遷移図)の作成がアピールできるポイント
【18】誰に何を知ってもらいたいのか?

▼競合に勝つ!提案書の作り方

【19】提案書のあるべき方向性を考察する
【20】提案書をよりよくしていくためのポイント
【21】「勝つ提案書」のための具体例
【22】少ない時間で、個別の課題を調査できるノウハウ(着眼点)

講座のお申込はこちら
東京・神田会場(受講料:30,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
【東京10月開催】05:ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」
福岡・博多会場(個別受講料:32,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体05【博多11月開催】ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」
大阪・梅田会場(個別受講料:32,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体05【大阪9月開催】ユーザー視点で作る「UI性能が高いサイト設計&提案書」
名古屋・名駅会場(個別受講料:32,000円)
▼Peatixからの申込はこちら

関連記事



ページ上部へ戻る