03②:スマホサイトを根本から快適にする「UIデザインのツボ」(スマホサイト編)【UIデザイン】

ハンバーガーメニューもレスポンシブデザインも、常識がくつがえるユーザー視点で作るスマホサイトのUIデザイン!

第3部②(スマートフォン編)
スマホサイトを根本から快適にする『UIデザインのツボ』
かねてからリクエストが多かった「スマートフォン用UIデザイン」の講座が新登場!!
多くのサイトで、スマートフォンユーザーの利用率が60%を超え、今やスマホファーストのWEBデザインは必須といえます。
その一方で、運用効率やコストの面から、レスポンシブ対応のデザインが求められ、デザイナー側の魅せるデザインとも相まって、サイト利用する側の「使いやすさ」や「わかりやすさ」が犠牲になっている側面は否めません。
サンプル動画
講義内容
【スマートフォンとは】
【1】真の“スマートフォン”と言えるデバイスが2007年に誕生
【2】スマートフォンはどっちで使う?右手?左手?片手?両手?
【使ってはいけない「ハンバーガーメニュー」】
【3】ハンバーガーメニューの普及率を徹底調査
【4】ハンバーガーメニューの種類
【5】ハンバーガーメニューは、なぜ多くの企業に採用されているのか?
【6】だから、ハンバーガーメニューはダメなんだ。
【7】スマートフォンでは階層構造を理解・把握しにくい
【8】直感性を損なわずに使えるスマホ用ナビゲーションメニュー
【9】使い方に注意が必要なスマホ用ナビゲーションメニュー
【レスポンシブデザインでは実現しないスマートフォンへの最適化】
【10】レスポンシブデザインの普及率
【11】レスポンシブデザインがもたらすメリット
【12】レスポンシブデザインによって失われるモノ
【13】レスポンシブデザインは、適合化であって最適化ではない
【14】スマートフォンサイトの未来を作るモバイルファースト
【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】
【15】入力ミスを起こさせないインタフェース
【16】ユーザー視点に立った入力の省力化
【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】
【17】モーダル表示にはTPOが大切
【18】スマートフォンの閲覧性を左右するアコーディオン表示
【快適を維持するためのスマートフォン向けUI】
【19】グーグルモバイルファーストについて
【20】右手でも左手でも押せる最適なボタン表現
【21】最低限認識可能なアイコンサイズや表現方法

講座のお申込はこちら
東京・神田会場(受講料:12,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
【東京10月開催】03②:スマホサイトを根本から快適にする「UIデザインのツボ」
福岡・博多会場(個別受講料:12,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体03②【博多11月開催】スマホサイトを根本から快適にする「UIデザインのツボ」
大阪・梅田会場(個別受講料:12,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体03②【大阪9月開催】スマホサイトを根本から快適にする「UIデザインのツボ」
名古屋・名駅会場(個別受講料:12,000円)
▼Peatixからの申込はこちら

関連記事



ページ上部へ戻る