03:ユーザーのニーズとリテラシーを基準に考える〜UIデザイン【UIデザイン】

UIデザインに最も大切なユーザーリテラシーを見据えたコンテンツ企画と、ユーザーを正しく見据えるためのニーズの捉え方を学ぶ3時間です。

第3部ユーザーの視点に寄り添う「わかりやすいUIデザインのツボ」
著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます! 新しくリニューアルしたこの講座では、読み手となるユーザーのリテラシーや知りたいことが考慮されずに、作り手が主体になったコンテンツ設計になっている現代のWebの作り方に一石を投じ、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かを学習できます。
講義内容

【リテラシーに寄り添うコンテンツ編集】


・ターゲットのリテラシーを考えたコンテンツテーマと専門性
・もっとも欲しい情報にリーチすることこそUXだ。
・タイトルとリードで伝わる情報デザイン

【ユーザーとの接点を大切にするための考え方】


・UIデザインはWEBサイトのおもてなし
・検索窓を使わなくても、だれにでも使える検索機能
・ユーザーのニーズを捉えるサイト設計の考え方
・ユーザーニーズを捉える製品開発から見た市場の価値
・WEB戦略に基づくターゲットユーザーとそのユーザーニーズ
・女性向け生活総合雑誌が実現したターゲットシフトによる成功例

講座のお申込はこちら
東京・神田会場(個別受講料:8,500円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
【東京6月開催】03:ユーザーのニーズとリテラシーを基準に考える〜UIデザイン
大阪・梅田会場(個別受講料:8,000円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体03【大阪4月開催】ユーザーの視点に寄り添う「わかりやすいUIデザインのツボ」
福岡・博多会場(個別受講料:8,500円)
▼Doorkeeperからの申込はこちら
単体03【博多5月開催】ユーザーの視点に寄り添う「わかりやすいUIデザインのツボ」
名古屋・名駅会場(個別受講料:7,000円)
▼Peatixからの申込はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る