『WEBデザインレイアウト』電子書籍化で復活!7月7日配信開始です!

WEBデザインレイアウト 電子書籍で配信開始
知っていれば劇的に美しく魅せられる
魔法のレイアウトバランスを徹底解説した『WEBデザインレイアウト』
電子書籍として2016年7月7日より配信開始!

斬新なデザインの中に直感的なナビゲーションを採用することで、優れたウェブデザインが実現できます。
有名ポータルのデザイナーが明かすプロの技!

WEBデザイナー、プロデューサのためのWEBデザイン実践シリーズ第3弾。有名ポータルサイトのプロデュースなどを手がける著者が、WEBレイアウトに必要な知識とテクニックを丁寧に解説。さらに、プロデザイナーならではの技を一挙公開。

デザイン上達への早道は、決まったデザインパターンをより多く覚えることではなく、「なぜ、そういうパターンを使用するのか?」というプロセスを理解することです。
本書では、実際のWEBサイトのキャプチャーを利用して、各サイトがどのようなことをポイントとしてデザインしレイアウトしているのかを解説しています。

また、デザイナーとして忘れがちなポイントやよりクウォリティの高いデザインをするために必要な基礎知識をどう理解するべきかといった学習のヒントも多く掲載しました。

ご注意:この書籍は2004年に刊行された状態のまま電子書籍配信されます。この電子書籍は、固定レイアウトと呼ばれる形式で配信されます。

アマゾンKindle、楽天KOBO、紀伊國屋、GooglePlay、BookLive、honto、BookWalker、ReaderStoreなどの主要電子書店を含む約30の電子書店で配信予定です。
アマゾン掲載レビュー

レイアウトの捕らえ方がきちんと考察

ウェブサイト制作時のレイアウトの捉え方がきちんと考察されていて、非常に参考になった。
どうしてそのようなレイアウトになるのか、といった考え方が中心。その考え方が大事で、こうした基本の考えなしに「見本帳」など入手しても意味がないだろう。
これを読んだ上で、「見本帳」などを入手するとよく理解が深まるのでおすすめです。
きれいなレイアウトにはわけがある、といったところです。
(投稿者 masayuki 様 投稿日 2004/12/3)

見やすいレイアウトを実践している

センスという一言ですまされることの多そうなレイアウトにおいて、黄金比や白銀比、重心といった理論的説明をしてくれたり、フォントが与える印象を実例をたくさん見せてくれることで、実証的に理解させてくれる。
どの部分も解説に実際の画面や図を利用してくれるので、わかりやすいし、納得もしやすい。
Web関連の書籍は、それ自体の見た目がきれいでも、結構読みづらいものも多いのであるが、これはホワイトスペースや行間の空け方など、きっと気を使っていると思われ、読み進めやすかった。
(投稿者 かずひ 様 投稿日 2005/2/16)

webデザイン初心者の応用編

webデザインの「基礎の基礎」を習得した後によむと分かりやすいでしょう。
黄金比、白銀比をつかったレイアウト方法、機能的なデザインレイアウト(訪問者が迷子にならない方法)、
もちろん、具体的なフォント使用法や配色についても載っています。
基本のレイアウト方法を実践しているつもりなのにいまいち納得がいかない方にオススメの本です。
(投稿者 Amazon カスタマー 様 投稿日 2004/7/15)

Booklog(ブクログ)掲載レビュー

WEBデザインの基礎知識を得るためにはとても良い本だと思います。絵がたくさん使われているので、絵を見ているだけでも勉強になります。WEBデザインの善し悪しと稼ぐ力というのは必ずしも直結しないと思いますが、このような本を一度は読んで基礎を勉強することも無駄ではないと思います。
投稿者 今永大治 様 2007年1月28日)

今までは感覚でデザインを決めていたが、この本の黄金比や白銀比についての解説を読んで、かなり理論的にレイアウトについて学べた。
投稿者 はなっぺさん様 2005年9月28日)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る