だから、そのデザインはダメなんだ。電子書籍版も同時発売!

「使いにくい」Webサイト、どうすれば改善できる!? ○×形式でわかりやすく解説

本書は「ユーザー視点」に立った使いやすいWebサイトを作るための、ユーザーインターフェース設計(UI設計)や情報デザイン(情報構造の設計)などについての考え方を、レイアウトやコンテンツ、ユーザビリティ、Webマーケティングなどの観点から解説したものです。
Webサイトの目的は「見てもらうこと」だけではなく「使ってもらうこと」であり、ひいてはユーザーに何かしらの「価値」を提供するためのものです。本書では、そうした考えにもとづき、使う側の視点に立った「本当に使いやすい」Webサイトのあり方・考え方を実践的に伝えています。「使いやすさ」「わかりやすさ」の重要性が増す現在のWebサイト制作に携わる、すべての方に読んでいただきたい一冊です。
〈こんな方におすすめ〉
・Webサイトの設計・デザイン・編集・ディレクションを行う方
・WebサイトのUI設計や情報構造設計に携わる方
・ユーザビリティやインフォメーション・アーキテクトに関する知識を身につけたい方

電子書籍版のご注意

端末によって見え方が異なりますが、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、本書は固定レイアウト型の電子書籍なので、リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ページ上部へ戻る