ユーザー視点の使いやすさとわかりやすさを両立させるメガバンク!りそな銀行

使いやすさとわかりやすさが唯一備わったメガバンクりそな銀行
メガバンクでありながらも、地方銀行と信託銀行の強みを持ち合わせ、
ユーザーに寄り添えるサービスに仕上がった情報デザインのWEBサイト
かつて、2002年三和銀行と東海銀行が合併したUFJ銀行が誕生した際には、それまでの銀行の常識を変えると謳われたサービスが注目されたものだが、りそな銀行では、それをもっとも現実的なカタチで実現させて、銀行の常識にとらわれないユーザー目線のサービス体系で注目を集めている。
そんな取り組みが、WEBサイトの端々にも活かされており、メガバンクに見られる様ながんじがらめの「制約のあるデザイン」とは一線を画した見やすく分かりやすく、かつ使いやすさも考慮された仕上がりが実現したWEBサイトだ。
地域に根ざした「顧客の利益」に繋がる経営姿勢に基づくメニュー体系とラインナップは、地方銀行と信託銀行の側面も合わせもつ銀行として、他の銀行WEBサイトに無い独自性と表現方法であり、ユーザー視点に立ったコンテンツ編集をWEBサイト上で実現していることが高く評価できる。
コーポレートカラーの緑色と黒文字に、薄い背景色とアクセントカラーのオレンジ色でコントロールされた全体デザインと、過度な表現や色使いをせずに落ち着いたイラストタッチかタイポグラフィで表現されているローテーションバナーエリアの影響で、サイト全体が落ち着いたたたずまいで、他のメガバンクのような鬱陶しい印象とは正反対な印象を受ける。
また、「午後5時まで営業」「平日夜間・休日の相談会」「年中無休夜7時まで対応する相談窓口」が、新規ユーザーにさりげなく訴求しつつ、既存のユーザーがよく利用する貯蓄・保険・相続・仮入れローンなどの各種メニューが、かんたんにアクセスできる導線が、わかりやすく配置され、目的をしっかりとサポートしてくれている。
もちろん、ネットバンキングメニューや店舗検索・金利一覧など、調べたい情報への導線も視認性の高い場所に配置され、メガバンクの中にあって、地銀のような地域密着度があるハイブリッドな銀行メニューのトップページが、とても新鮮である。
また、他のメガバンクと比較してもメニュー数が少なく特化されていて分かりやすいナビゲーションメニューは、タテに一列に並んでいることで、一層視認しやすい。
しかし、右側にイラストを固定表示していることで、右側に位置する「万一に備えたい」「お得に使いたい」メニューは、かえってメニューとの距離ができてしまい操作中に他のナビゲーションに接触してしまうために誤操作しやすく、ユーザビリティ性能を下げているのがちょっと残念。
とはいえ、新規口座開設者が、もっともサイト内の構造を理解していない利用者であり、サイトの導線に迷わずに遷移できる導線として、みっとも左側のアクセスがしやすい場所に配置している点は、高感度が持て素晴らしい。一方で、最右にネットバンキングのログインを配置して、既存リポートユーザーの導線も損なわない配置は、利用頻度のプライオリティを崩さないユーザー視点だと思う。
銀行にとっても利用者にとっても、お互いが長いつきあいとなる「住宅ローン」の説明ページは、圧倒的な見やすさとわかりやすさを備えている。新規で住宅ローンを組みたい人には、8つの理由として掲げられているメリットや差別化ポイントがひと目で一覧できるだけでなく、要点をしっかりと押さえている見出しのおかげで、詳細を見なくても大体理解できる表現方法は素晴らしい。
また、「住宅ローンの借り換え」を検討している利用者に対しては、借り換えの条件と手続上で気にする時間や要件など、それこそ電話窓口でしか問い合わせができないデメリットがあるからこそ、利用者に安心感を持たせる注意書きやかんたんなQ&Aによって、ココロに余裕ができる予約申込ができるので、安心感がある。
このWebサイトが優れている点をできるだけ客観的に抽出できるように、統一した指標に基づいて判断することにより、各カテゴリーを以下のような詳細項目において20点・10点・5点・0点で点数化しました。
わかりやすいナビゲーション性能|合計90点
詳細な評価項目配点内容
トップページナビゲーションに戦略がある10新規取引のメニューをはじめ利用頻度を考えた商品メニューがある
ナビゲーション名が覚えやすく使いやすい20銀行特有の分類メニューではありながら、分かりやすいラベリングを使用している
有効に利用されるナビゲーション構造になっている20信託業務と地方銀行としての特色を踏まえたプライオリティーに沿ってメニューが選びやすくなっている
リテラシーが低い人にも使える配慮がある20利用者の利用目的と金融商品の関連性がわかりやすくメニュー化されていて、かつ探しやすい場所に表示されている
ボタンがわかりやすく設計されている20エンボス形状のボタンと、よく利用される動線のボタンは目立つ色彩表現がされている
視認性の高いデザイン性能|合計65点
詳細な評価項目配点内容
余白を活かしたデザインがされている10テキストによる情報表示が多く階層も深いため、メニューなどは余白を利用して選択しやすい表現になっている
過度な色彩表現をせずユーザーの負担にならない20コーポレートカラーの緑と関連する補助色と合わせ、アクセントカラーのオレンジを効果的にボタンなどに使用しており視認性が高い
時代に合ったデザイン性と表現方法になっている10右コラムをメニュー化するトレンドを採用しているが、比較的見やすく整理されている
ターゲットが明確で不必要な情報にジャマされない20新規口座開設者拡大と、既存顧客との「借りる」や「備える」などの得意な事業の分かりやすいが際立つ
視覚・聴覚などを補助する機能がある5サイト全体としては文字サイズも小さく、アクセシビリティ上特徴的な措置はなく、必要最低レベル
最適な情報レイアウト|合計90点
詳細な評価項目配点内容
デザインに流動性があってデバイスを選ばない20レスポンシブデザインを採用し、デバイスの性能にあったメニュー表示と利用頻度を考えたボタンサイズと配置が考慮されている
無理の無いレスポンシブ設計になっている20日常的に利用頻度が高いコンテンツを主体にページが構成され、それ以外はハンバーガーメニューから利用可能
視線移動を考慮したデザインになっている20オレンジ色が効果的に差し色として利用されており、トグル機能もあって称すページに、うまく視線の流れを作っている
目的に合った情報の優先度が整理されている20他社との差別化になる特長や魅力が、ひと目で分かるように整理され、浅い段階で知りたいことがわかる
不必要にバナーなどリンクが詰め込まれていない10営業用関連サイトバナーがフッター部分にまとめられていて、ユーザーの目的を阻害しない
わかりやすいコンテンツ編集|合計65点
詳細な評価項目配点内容
図表が効果的に利用されている10金融商品の一部では図表解説もあるが、内容的に分かりにくく、むしろ端的なワードで説明される特長表示の方が分かりやすい
本文を全文読まなくても内容が理解できる20キーワードが分かりやすいキャッチや図表が効果的に利用されており、長い文章表現はほとんどなく理解がしやすい
情報の鮮度や期限が明確に示されている20下位階層の金融商品カテゴリーごとに、慣例の高い旬な情報バナーがあり、違和感やジャマ感がない
検索操作に配慮がされている10店舗やATM設置場所検索などクリック操作で、探せる構成ではあるが、導線が複雑で複数ページに散らばりすぎている
問い合わせ・ヘルプ機能がユーザー視点5すべて電話での問い合わせに限っており、WEBとしての利便性が活かされたヘルプ機能がない
関連情報への導線|合計90点
詳細な評価項目配点内容
トップページから行きたい情報へ行ける20利用頻度の高いメニュー導線がトップページ上にまとめて表示されており、リピートユーザーの利便性が考慮されている
関連リンクから行きたい情報へ行ける20知りたい関連情報が、知りたいと思う場所に表示され、よく利用されやすいボタンは目立つ配色になっている
重要な情報などへの導線や視認性が高い20ボタンの直下など、視線移動上の目に入りやすい場所に赤色表示で重要な留意事項が配置されている
ボタンの名称や補足説明に配慮がある20金融商品には必ず説明のリードが付き、できるだけ分かりやすい表現に努めている
現在位置がだれにでもわかる10ローカルナビゲーションが画面右下に位置しているため、必ずしも把握しやすくはない

りそな銀行

8

わかりやすいナビゲーション性能

9.0/10

視認性の高いデザイン性能

6.5/10

最適な情報レイアウト

9.0/10

わかりやすいコンテンツ編集

6.5/10

関連情報への導線

9.0/10

このサイトの素晴らしい点

  • 信託業務と地方銀行としての特色を踏まえたプライオリティーに沿ってメニューが選びやすくなっている
  • エンボス形状のボタンと、よく利用される動線のボタンは目立つ色彩表現がされている
  • レスポンシブデザインを採用し、デバイスの性能にあったメニュー表示と利用頻度を考えたボタンサイズと配置が考慮されている
  • 他社との差別化になる特長や魅力が、ひと目で分かるように整理され、浅い段階で知りたいことがわかる
  • 知りたい関連情報が、知りたいと思う場所に表示され、よく利用されやすいボタンは目立つ配色になっている

このサイトの残念な点

  • すべて電話での問い合わせに限っており、WEBとしての利便性が活かされたヘルプ機能がない
  • サイト全体としては文字サイズも小さく、アクセシビリティ上特徴的な措置はなく、必要最低レベル
  • ローカルナビゲーションが画面右下に位置しているため、必ずしも把握しやすくはない

関連記事







ページ上部へ戻る