最短ルートの導線と、使う人の目的にあった情報がひと目でわかる、慶應義塾大学病院のWebサイト

ターゲットごとの目的に関連する情報がひと目でわかる情報構造は、
不慣れなユーザーでも安心して利用できる、行き届いた情報デザインのWEBサイト
著名な病院として高い公共性を求められることも踏まえ、患者やご家族の立場への配慮という面で、明確で一元的なオペレーション性能が備わったインターフェースは、初心者やサイト利用に不慣れな方々でも、迷わずに安心して利用できることを基本に設計されていると推測でき、その設計思想はユーザー視点して非常に参考となるべきポイントが多い。

視認性と操作性に長けたグローバルナビと、トップページの「来院・入院の方」向けメニュー

『来院・入院の方』が対象とするユーザーは、病院を利用するもっとも多いきっかけとなる方々で、主に「患者やご家族」の方々が対象になる。
この方が、さらにWEBサイトを調べられるタイミングは、「初めて受診する場合」「再来院する場合」「入院やお見舞い」など、どうして良いかわからないという不安を払拭するための利用になる。
もっとも目につきやすいトップページ上にダイレクトにアクセスするショートカットメニューが用意されているため、サイト内の情報構造を理解することなく、遷移できるシンプルで超絶わかりやすい設計は、WEBの操作に慣れていない高齢者にも安心感を与える。

『初めて受診する方』などすべてのページで、ユーザーがおよそ想像しうるすべての要素がボタン一覧でカバーされている

コンテンツや情報を見ながら、関連する情報へたどり着けずにイライラすることは多々ありますが、慶應義塾大学病院WEBサイトでは、ページが対象とするユーザーの利用目的に関係する情報が、ボタン一覧で一同に表示されているため、ほとんどの疑問や不明点は解決されると思われる。
通常のWEBサイトなら、あちこちのディレクトリーに遷移して、調べる手間ひまがほとんど無くなるため、サイト内のどこに何があるかを事前に知る必要は無く、目の前のボタンを押すだけのシンプルアクセスが大きな特長。
このWebサイトが優れている点をできるだけ客観的に抽出できるように、統一した指標に基づいて判断することにより、各カテゴリーを以下のような詳細項目において20点・10点・5点・0点で点数化しました。
わかりやすいナビゲーション性能|合計90点
視認性の高いデザイン性能|合計90点
最適な情報レイアウト|合計90点
わかりやすいコンテンツ編集|合計80点
関連情報への導線|合計65点

慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院
8.3

わかりやすいナビゲーション性能

9/10

    視認性の高いデザイン性能

    9/10

      最適な情報レイアウト

      9/10

        わかりやすいコンテンツ編集

        8/10

          関連情報への導線

          7/10

            このサイトの素晴らしい点

            • 特に新規の患者に配慮した設計になっている
            • カテゴリーと項目をしぼった表示と配列は、視認性が高い
            • 間違いやすいポイントは赤字や目立つ地色で示されていてわかりやすい
            • 大きめの画像と、地図や案内図の拡大機能など配慮がある
            • ユーザー目的にあった入口が用意されていて迷わない

            このサイトの残念な点

            • リンク先がPDFファイルの場合があるが、ファイル形式が示されてない
            • 柔軟にサイト内をリンクから行き来できるため、現在位置を見失いやすい

            関連記事

            コメント

            • トラックバックは利用できません。

            • コメント (0)

            1. この記事へのコメントはありません。





            ページ上部へ戻る