中小企業経営者のためのビジネスに貢献するWEB戦略

中小企業経営者のための目からウロコのWEB戦略
特に中小企業におけるWEBサイトは、
『自社のビジネスにとって、どれだけ貢献できているか?』
がカギになる!
中小企業にとって、WEBサイトは『悩みのタネ』でもあり、事業を円滑にしていくために欠かせない『オウンドメディア』として重要な意味を持つ。

まさしく、『悩みのタネ』というのは、自社内で構築できるノウハウを持ち合わせていない企業がほとんどで、大多数が地元やWEBで探したウェブ制作会社を使わざるを得ないため、対価として正当かどうかの判断ができないままに、提示された料金で制作を依頼するものの、成果を得にくいという実態があるためです。

しかし、ひとたびWEBサイトで集客ができるのであれば、その威力は絶大で、ビジネスにおける貢献度は計り知れません。だからこそ、WEBサイトに対して興味関心が高まるわけですが、WEBサイトは、つくるだけなら誰でもできるが、誰がつくっても同じかというと明らかに作り手が変われば、その機能性はピンキリに違いが表れます。

WEBサイトは、会社案内をそのままWEBにしたぐらいでは、金をドブに捨てているようなもので、しかも毎月かかるWEBサイトやWebサーバーの管理費を考えると、「ムダの垂れ流し」と言っても過言ではありません。WEBサイトは持っているだけでは、価値を生み出すどころか企業のブランディングという観点からすると、マイナス要因になりかねない側面を持っています。
自社メディア(オウンドメディア)だからこそ、なかなか資源を投入できないために、かえって無駄な存在にしてしまう悪循環を招いてしまうのかも知れません。

今の日本経済にとって、中小企業が元気になることは、経済を立て直す意味でも大変重要なことで、中小企業の経営者が、もっと事業全体の戦略に対して目を配り、能動的に攻めていくことが絶対的に必要だと思っています。だからこそ、コンティニュ・ジェーピーは、そういう中小企業の経営者の「絶対に役に立つ、悪徳業者に騙されないWEB戦略」を一社でも多くの企業に知って頂きたいと考えています。

絶対的に必要なことは、企業自らが営業戦略としてWEBサイトの存在意義を捉えているかです。そして、それを実現する正しいパートナーとなるべきウェブ制作会社を選んでいるかです。

中小企業のビジネスに貢献できるWEBサイト構築は、事業に対する理解だけではないターゲット戦略など多岐に渡る知見と経験に裏打ちされた実践力により、成果物に明らかな差が生まれます。

だからこそ、コンティニュ・ジェーピーでは、企業のトップである経営者と直接会話して、その企業に最も重要な戦略を立案し、あるべき姿を示した上で最適なWEBサイトを構築するため、一社でも多くの経営者とお話しをする機会を設け、経営判断でWEBサイトのリニューアルを実現したいと考える経営者を応援します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る